英会話に関しては「なんとなく」という適当な感覚で喋り出すと上手く続きます。

単に「リラックスしましょう。

」という事ですが。

また、自分の発した言葉にリズムを付けると上手く聞こえます。

これは話術でもあり、一種の表現方法です。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

棒読みで喋る文だと、 意味は理解していても何か響いてこないなぁ。

という感覚になります。

皆さんのイメージ通り、英語はオーバーリアクションくらいがちょうどいいのです。

また自己流のリズムを作りあげたらそれを繰り返し、英語人に使いましょう。

」これが身となり骨となるまで続けます。

そして自然体に仕上がります。

個人個人において英会話のクセがあるのは、大きな魅力だと思います。

自分で築きあげた喋り方だからです。

そこに気づいて伸ばしていきましょう。

第2言語においての自分のリズム、空気感がしっかり備わっていると、 そのオーラは不思議と相手にも伝わります。

ここまで醸し出せると玄人です。

「リズム&慣れ」大事です。