1.カードといえば海外旅行保険:一年の会費が発生するクレジットカードの多くはよく知られている海外傷害保険が入っています。

どんな保険かですが、海外旅行に際して助けてくれる付帯保険の意味で国外で交通事故にあった際や入院してしまった場合に、加入者の支払(治療費等、該当する費用)をカード会社が保障してくれるという助かるものです。

海外に行く機会がないというカードホルダーにしてみれば保険を受けることも多くはないが、海外に長期で行くのが普通という方だったら、このような付帯に助けられた・・・と心から感謝する時がくることでしょう。

グループや会員費が違うと海外旅行傷害保険の内容がかなり異なります。

利用方法や適用条件などもクレカが異なると異なるので、海外に出かけるに応じて信頼のおけるWEBサイト等で十分に確認するとよいと思います。

2.国内の旅行も保険が利くカード■国内旅行者傷害保険は海外旅行傷害保険と変わりなく、日本国内での旅行中に費用が発生したら治療費をユーザーの代わりに支払うという助かる傷害保険のことです。

海外のそれと比較して条件が厳しめに設定されているが事故や長期入院等の場合でもユーザーの力になってくれるということでしょっちゅう旅行する人には参謀のような助けになるでしょう。

ただ、加入費用および更新費用が一般的に多くを必要としないカードの内容は、国内旅行傷害保険が付いていないこともざらなようです。

国内旅行に定期的に行くという方は加入費用および更新費用が他のカードより高くなっても国内旅行傷害保険が付属したカードを選択するようにするのがベストだと思います。