ガソリンの価格が上昇すると、普段の車の運転にも気を遣うようになります。

というのも、燃費を抑えたドライブを心掛けないと、燃料費が増大してしまうからです。

ガソリン価格が高騰している時こそエコドライブを心掛けないといけません。

最近の車には、燃費計が付いていることが多いそうです。

しかし我が家の車は少し年式が古いので燃費計が付いていません。

ガソリンの目盛の減り具合と走行距離を見ながら、少し運転に気を遣うくらいしかできません。

燃費計があれば低燃費な運転が目に見えるので便利そうです。

困ってる時に教えてもらったのは軽自動車 廃車は参考になりました。

燃費計が付いていない車の場合、燃費を抑えるには普段の運転で少しずつ工夫をすることが大切です。

例えば急加速急発進を避けるだけでも燃費はだいぶ抑えられます。

ある程度一定の速度で走行できる道路なら、アクセルの踏み具合を変えずに維持するのも効果的です。

あとはアイドリングストップも重要です。

アイドリングストップが実装されている車でないとなかなかアイドリングストップを行うのは大変ですが、これを行うとますます燃費は向上する筈です。