ようやく売買する時という場合では、何をおいても事前対策をサボってはいけません。ハタラクティブハケン

取引を始める前であったら起こる事を落ち着いて見ることができる余地があります。

ところが、一度トレードの内側へ踏み込んでしまうとどう試みても考え方が偏ったものになる場合があり、冷静な状況がわからなくなる不安があります。

それだけに自らの考え方が客観的な段階で、間違いない準備をしておくことが必要です。

”事前準備”とは、はじめはあなただけの物語を書くことからスタートします。

市場はああだから、米ドルを売買するみたいな、シナリオを立てていくのだ。

次に重要なのは為替チャートをチェックしよう。

これまでの為替レートの上がり下がり見て現時点の価格を確認する。

そうすれば、「現在は過度に高い状態になっている」とか、そうでなければ「たくさんの人々が仕かけているからこれから売り(または買い)しても今となっては遅すぎるな」などと見えてきます。

当たり前ですがもうしかけるのがなすすべがないと思ったら手を出さないで、その状況では潔く割り切ることが大事です。

どうやっても自分なりのストーリー展開を貫いて吹っ切らずに注文すると、マーケットにやられてしまい、逆に損害を受けることになる危険性があります。

そうは言っても多くの場面で準備が出来ている自らのシナリオを思い描いているとすれば、取引が間に合わないなということにはならないでしょう。

具体的に外国為替市場が上げ下げする前の状況のはずだからです。

次に、あなた自身がエントリーしようと考えている通貨ペアの変化を、正確に確かめる事が必要です。

例として円安に向うであろうという台本を書いたのであれば、該当する外貨の変化に注目しておくことだ。

市場の変化を注目し始めた場面では、まだドルは目立って推移する雰囲気を見せることなく上がったり下がったり小幅な変動を繰り返しているだけだろう。

ところが、その上げ下げをきちんと調べているとあるポイントで確実に円安の方向へとマーケットが動き始めます。

この状況でやっとドルの新規注文を出すのだ。

基本的に、ここまで周到に準偏を考えておけば、そのエントリーで勝つ確率は結構大きくなります。