実際にコンピュータの画面の前に座ってつねに上下動しているマーケットを見てしまうとどことなく注文をせずにはいられなくなるという思いに追い立てられる場合も少なくありません。

しかし、なんとなく思いつきで売買するのだけは絶対に避けてほしい。

事実、市場は24時間常にどこかで外国為替市場が開かれているし、相場も常時、動いています。

しかし、だからといって立て続けに取引を重ねていると、その分だけ損失が生じる可能性が上がります。

当然の事ながら、注文の数を積む事でじょじょに稼げる確率が50%、50%になっていくのは事実です。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

けれどもその事実は「ぼんやりとした勘で取引」することとは話が異なります。

売り買いの回数を増やす事の意味は自分が「ここは!」と直感した勝機を得られたケースでのエントリー回数を重ねるという事を言っています。

理由がなく、次々と売り買いを積むのとは大きく違います。

市場の駆け引きに臨むには自ずから主体的に緩急をつけることこそが重要です。

「だいぶ頭をかかえる市場で、どうなるか思いつかないな」と思い至った時は執着しないで持っているポジションを全部諦めて何もせず静観します。

それくらいのけじめをつけた方が最終的に取引は成功します。

外国為替相場の格言には「休むも相場」というものがある。

まさにその通りです。

外国為替相場とはいついかなる時でも売買ポジションを所持する事が肝心な事ではなくどれも所持せず静観していることもまた外国為替相場です。

じゃあ、どういう場面で休むべきなのでしょうか。

ひとつめは、先述した通り、これからの市場が判断できない時です。

現状からドル高になるのか、ドル安になるのかが見通せない時はヘタに動くと、あなたの思い描いた脚本とは反対の方向にマーケットが変動してしまい、損失を被る事になります。

そのため、そうしたケースではポジションを0にしてそのまま何もぜずに静観を決め込むのがいいと思います。

第2に、己の体の調子が思わしくない時です。

健康状態と外国為替市場に関係がない思う投資家もいると思いますが大きく関係があります。

体の状態が悪い時は相場のミスできない状況で、冷静な決断が出来ない場合が多くなります。

気分が乗らない時は、FXから離れてみるのも大事な事です。