目の前にねじまき時計があります。

時々思い出したように、動きますが、大抵とまったままです。

この時計、 ある教訓として、おいてあります。

単純です。

時計をするのを忘れないためです。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

ずいぶん昔、とある大きな催事でのこと、朝急いでたために、腕時計を忘れたのです。

今みたいに携帯電話が 有るわけでなく、それが時を知る大切なアイテムだったわけです。

一度、会場にはいると、そうそう、離れる 事が出来ません。

急いで駅の売店に飛び込み、高い物は買えないから、何とか、千円台で済ませたい、と思って、 探していると、有名な犬のキャラクターの時計が目に留まりました。

あら、この時計、動いてないわ、と思ったら、なんと、ねじまき時計です。

今度は、人に時間を教えてもらって、ねじを巻き、時間をあわせます。

今は、ねじ巻きと言えば、オルゴールぐらいしか、思い浮かびませんが、昔は、ねじ巻きは珍しくなかったですからね。

ねじ巻き忘れたら、大変だったけれど。

この時計、今では、記念品、そして良い教訓です。