「スプレッド」とはFX投資は通貨を売り買いして利ざやを上げる取引です。仕事 辞めたい アフィリエイト

買ったり売ったりの値は1日中上がったり下がったりします。

それが為替です。

インターネットを見ていると、通貨の市場の情報が流れる場合があります。

例としてあげると、「今日のドル相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

これは80円50銭から80円52銭の幅の中でトレードされているという意味ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、ということを示しています。

別の表現をすると取引には、買いと売りの両方の値が存在します。

売値のことをBID、買値のことをASKと示しているFX会社もあります。

普通は買値よりも売値のほうが低く決定されています。

自分が買値は高く、売値は低くなるのが一般的です。

その差をスプレッドといい会社の利益のひとつとされています。

スプレッドの幅はFX取引会社によって違います。

スプレッドは自分自身にとって負担になるので、低いFX会社を選んだほうが得です。

ただ、場合によってスプレッドの狭さは変動します。

例として普段はドルと円の通貨ペアでわずか1銭のスプレッドの広さでも、為替の変化が大きい場面では3銭、4銭になったりする状況があります。

という事で、スプレッドが低いのと、変化が少ない事が大事です。

現在では変わらないスプレッドの幅を表示する取引会社も多く存在します。

現実にFX会社の注文画面の中で相場をチェックしなければ判別できないのでやっかいですがとても大切なことです。

多くの資金を投じて売買をしますので、現実の売買の前に興味を持ったFX取引会社の取引するための口座開設を積極的にして表示されているスプレッドの差をチェックしましょう。

同じペアでも状態によって、外貨のスプレッドの広さは変わります。

たいがい、銀行間取引で取引量の多いペアではスプレッドが狭く残りの通貨ではスプレッドの幅が広くなる事がよくあります。